FC2ブログ

Officeのアンインストールのハードルが高い

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

事務所で使ってるOfficeには、いろいろな機能が使えるマクロを使ってます。
このマクロは32-bit対応なのですが、うっかり64-bit版のOfficeを入れてしまったので、wordのマクロが動かなくなりました。
※ パワポは動く、エクセルは調べてない

Office (64)をアンインストールし、Office (32)をインストールし直そうとしたのですが・・・
なかなかうまくいかない!ヽ(#`_つ´)ノ

【やったこと】
オプション1
コントロールパネルからOffice (64)をアンインストール→ Office (32)をインストール
 
このとき、「Office (64)がインストールされているのでOffice (32)をインストールできません」との警告メッセージが表示される
→ 「アンインストール サポート ツール」をインストール&実行
→ 「Office (64)は存在しない」との表示が!

OSでは削除されていないと認識してるのに、アンインストールサポートツールでは削除されていて詰み。


オプション2
Offife (64)を再インストール→ アンインストールツールを実行

アンインストール実行しても数分以上同じ画面のままで進まず、処理が進んでいるのかフリーズしたのかがわからない
→ 「キャンセル」ボタンを押したい誘惑にかられるが、気長に我慢
→ 10分くらいしてようやく画面に変化が!(×3回)
→ Office (64)アンインストール&Office (32)の再インストールに成功


ここまでで30-40分くらいかかってます。
そもそも、なんで自社OSに「アンインストールサポートツール」の機能をデフォルトで組み込んでないんや!と、
Appleと比べたら使い勝手がすこぶる劣悪です。全く洗練されていません。

逆に、64版を普及させるために、32版から64版への切り替えを意図的に面倒くさい仕様にしてるのか、わざとバグが発生するように制御してるのか!?
と勘ぐってしまうような忌々しい経験でした。
スポンサーサイト



姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

MASAMUNE OSHITANI

Author:MASAMUNE OSHITANI
管理画面

 特許業務法人 IPXの代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

【略歴】
 生粋の知財キャリア出身です。大学院修士課程在学中に弁理士試験に合格。大手外資系メーカー知財部に新卒で入社。企業での経験を積んだ後、外国に強みのあるブティック事務所へ転職(アソシエイト弁理士)し、事務所弁理士としての修行に専念。
 2018年4月に共同代表の奥村(元研究職出身の弁理士)とともに特許業務法人 IPXを設立し、代表弁理士CEOに就任。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

【姉妹ブログ】
 爆速!知財のIPX 〜COO/CTOのブログ〜
 ↑共同経営者(COO/CTO)の奥村のブログです。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR