FC2ブログ

リモートワーク@鳥取

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

明日のセミナーで鳥取に来ています。
前日入りし、空いた時間でホテルで仕事をしていました。

Mac Book Pro, iPad, iPhoneでメインPCに安全にリモート接続できる環境を構築していたので、 メールの返信、メンバーとのチャット等、何ら問題なくできたことが嬉しいです。

10月からドイツに行きますが、これならなんら問題ないでしょう。

リモートワーク


ちなみに、相方の奥村氏も、本日から2ヶ月韓国に研修+語学勉強に旅立ちました。

http://k0he10kumura.blog.fc2.com

この仕事、PCがネットワークに繋がってさえいれば、本格的な3Dデータ作成等の大画面を要する仕事以外、世界中のどこでもできますね(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト






姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

医療機器の知財戦略セミナー in 鳥取

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

2017/8/1、鳥取大学医学部付属病院にて、「医療機器に関する知財戦略」についてのセミナーをさせていただくことになりました!
知財の基礎については昨年度のセミナーにて説明されたそうですので、今回は『活用』をメインに話をさせていただく予定です。

http://www2.hosp.med.tottori-u.ac.jp/kokusan/

医療機器については、下町ロケット2の『ガウディ計画』ほど興味深い話はできませんが、企業の知財部時代に学んだこと、事務所に来てから学んだことを集約し、皆様にご満足いただける内容になっていることを祈ります。

https://www.amazon.co.jp/下町ロケット2-ガウディ計画-池井戸-潤/dp/4093864292


姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

アマゾン:AWS利用時の契約変更

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

(1) アマゾンは、AWS利用の契約において、顧客が知的財産権侵害でアマゾンを訴えることを禁じる条項(「特許非係争条項(NAP)」)を削除したそうです。

http://jp.reuters.com/article/amazon-com-patents-idJPKBN1A40EH


(2) アマゾンはさらに、AWS上で運営されるサービスで顧客が特許権侵害で訴えられた場合に顧客を保護する新しいポリシーも導入した、とのことです。




(1)により、特に大企業など、アマゾンに将来侵害訴訟を仕掛けうる可能性のある企業によって、AWSを利用するハードルが下がるでしょう。やはり、「特許非係争条項」があると、大企業などの法務部や役員の承認を得るのはハードルが高いですから。

(2)により、AWSの付加価値が向上すると思われます。高い金を払って特許保険に入ったり、RPX等のサービスを受けるモチベーションがやや低下する傾向になるのではないでしょうか。

https://www.rpxcorp.com



姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

"on"と"directly on"

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

"on"と"directly on" の違い。
USのOAで、審査官との認識の違いが意外にこんなとこにあるかも。

・”A on B”という表現では、AとBの間に他の物が介在している態様も含まれる。
・特に半導体などの場合、Bの上に直接Aが乗っていることを強調するためには、”A directly on B”などと表現することが必要。


姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

3D CAD : Auto CAD 導入(?)

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

最近Fusion 360のことを良く書いていますが、近い将来にさらに高性能なCADを導入することになりそうです。

その名もAuto CAD!!

https://www.autodesk.co.jp/products/autocad/overview

ま、業界トップと言っても過言ではないソフトです。

<導入を検討している背景>
 ・3D→2Dに変換し、ハッチングを付けたり細かい微修正をしたりする。
 ・2D CAD は他社製であり、3D→2Dへの変換のときに線がうまく繋がらないことが多い→ハッチングに苦労する!
 ・Auto CAD はFusion 360と同じAUTO DESK社製なので、うまくいくはず!!

 そもそも、もし導入したら、Fusion 360の上位互換っぽいので、Auto CAD 一本で運用していく可能性もあります。
 
 今後もわかりやすい図面を描けるように、修行を続けます。


姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

Fusion360(3D CAD) の弱点

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

先週末、有志で勉強会をしました。

http://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-31.html

http://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html


基本的な操作を学んだので、調子に乗って実案件で試してみました。
しかし、教えてもらいながらテキストにのっている物体を作るのとは違い、一人で実践に赴くのははるかにハードルが高いことを痛感した一日でした・・・。


Fusion 360には、「タイムマシン」機能があります。
実行した操作を全て時系列で記憶しており、ミスった!と思えば過去に戻れる機能です。


今日作ったデザインは、「本体の周囲jに微小な突起が無数にある」というものです。
Fusionの機能を活用し、上下左右に突起をコピーしてやろうと思いました。

しかし!!
突起の総数が3,000個以上になり、ソフト的に大量のオブジェクトを扱うことになり、CPUが悲鳴をあげました。
そこで、3,000個の突起を1つのオブジェクトに「結合」したのですが、「タイムマシン」機能により、【過去の3,000個の突起】が記憶されており、結局負荷がそれほど下がることはありませんでした・・・。


通常は便利すぎる機能でも、特殊なケースでは逆に仇となることがることを学んだ一日でした。


まあ、非常に優れたソフトなので、これからさらに研鑽を積んでいこうと思います。

※ 普段使っている3D CAD なら、ほとんど全てのデザインを作れます。


姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

USのクレーム:機能的表現 ~"configured to"~

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

(1) USクレーム中の「機能的表現」について、しばしば審査官が無視する場合があるようです。

例:
【構成要件の機能を無視され得る場合】
1. An image processing device, comprising:
a sensor [that detects an image];
a processor [that automatically color corrects the image]; ....

 このように、"that ~"で規定すると、[ ]内の機能が無視されることがあるそうです。
 これは、「構造」に重きをおくUSの実務に起因しているかと思われます。
 このような事態を回避するために、以下ようにクレームすることが有益です。


【構成要件の機能を考慮してもらうために】
1. An image processing device, comprising:
  a sensor configured to detect an image;
  a processor configured to automatically color correct the image; ....


(2) 審査官が"configured to"を無視した場合、以下の判例が参考になります(古いですが・・・)。

【Beachcombers Int'l, Inc. v. Wildewood Creative Products, Inc.】 (31 F.3d 1154 (Fed. Cir. 1994)
"The limitation "relates solely to a characteristic of the object cell, i.e., that it be configured such that the design exhibited by the device changes if the barrel is tilted relative to the horizontal."

【K‐2 Corp. v. Salamon S.A.】(191 F.3d 1356 (Fed. Cir. 1999))
"That is, the functional language tells us something about the structural requirements of the attachment between the bootie and the base....".


(3) また、審査官が、先行技術が、本願発明の構成と同様の機能を「実行することができる」と指摘してきた場合には、以下の判例が参考になります。

【Aspex Eyewear, Inc. v. Marchon Eyewear, Inc.】( F.3d __, Case No. 2011‐ 1147, p. 25‐26 (Fed. Cir. 2012) )
"The way the phrase is used in amended claim 23 of the ’545 patent supports the district court’s conclusion that a narrower definition, such as “configured to,” applies here."), citing

【Sta‐Rite Indus., LLC v. ITT Corp.】,(682 F. Supp. 2d 738, 753 (E.D. Tex. 2010))
"construing “adapted to,” in context, to mean “designed or configured to,” not “having the capacity to”)”
and

【Boston Scientific Corp. v. Cordis Corp.】( 2006 WL 3782840 (N.D. Cal. Dec. 20, 2006) )
"construing “adapted to,” in light of patent as a whole, to mean “configured to,” not “capable of”".


(4) "configured to"が不適切な場合
 一方、なんでもかんでも"configured to"にすれば良いわけではありません。例えば、以下の例は"configured to"は不適切です。

・”storage" configured to store data
 → "storage"は単にデータを記憶するにすぎず、データを記憶するように構成されている(機能的表現)というのは違和感がある。この場合、単に「”storage” that stores data」の方が好ましい。

・”preamble”に”configured to”を使うのはNG!!
 → 「Device configured to ・・・」とか書いても、機能を奏するのは各構成要件なのであって、”Device”全体としてそのような機能を奏するというのは違和感がある。






姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

Fusion 360 勉強会!

 特許業務法人 IPX 代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

 当所IPXは、ICT・ソフトウェア分野と、外国出願に強い特許事務所です。また、出願未経験のベンチャー企業の皆様にも親しみやすいように、最新のITツール(slack, messenger, zoom, 各種クラウド等)を駆使した顧問契約等も提供しております。設立当所からの事務所ポリシーは、このブログのタイトルにも使われている「爆速」! 3つのメソッドをベースとして、「品質」と「スピード」を徹底的に両立いたします。

今週の土曜日に、有志でFusion360の勉強会をやります!
これにより、2Dでは理解するのが大変な図面でも、一瞬で理解可能な3Dの斜視図を簡単に作成できるようになるでしょう!(すでに今でも他の3DCADで作成していますが、さらなる効率化です

http://ipmo.blog.fc2.com/blog-entry-19.html


講師は、先日2日間に渡るセミナーを受講し、「Autodesk Fusion 360 Certified User Exam」という資格をgetした奥村氏!

http://k0he10kumura.blog.fc2.com/blog-entry-73.html

当所では、最先端の技術を貪欲に学ぶ人が多く、必要に応じて自主的に勉強会を実施しています。


姉妹ブログ:
爆速知財サービスのIPX ~COO/CTOのブログ~(当所COO/CTO 奥村)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

プロフィール

MASAMUNE OSHITANI

Author:MASAMUNE OSHITANI
管理画面

 特許業務法人 IPXの代表弁理士CEOの押谷 昌宗(オシタニ マサムネ)です。

【略歴】
 生粋の知財キャリア出身です。大学院修士課程在学中に弁理士試験に合格。大手外資系メーカー知財部に新卒で入社。企業での経験を積んだ後、外国に強みのあるブティック事務所へ転職(アソシエイト弁理士)し、事務所弁理士としての修行に専念。
 2018年4月に共同代表の奥村(元研究職出身の弁理士)とともに特許業務法人 IPXを設立し、代表弁理士CEOに就任。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

【姉妹ブログ】
 爆速!知財のIPX 〜COO/CTOのブログ〜
 ↑共同経営者(COO/CTO)の奥村のブログです。


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR